Died flower Ⅰ

コンクリート、木炭、パステル

concrète,charcoal,pastel

H270×W160×D45(㎜)

本来捨てるはずだった花々は、縄を巻かれ逆さ吊りにされて保管、鑑賞される。死んでなお鑑賞を目的とされ宙吊りにされるその姿に人々の恐ろしさや業を感じる。宙吊りにされたその姿を物質感の強いコンクリートの板に木炭で刻印することで、物の持つ強さと弱さを強調し、花の持つ弱さや儚さをより強く観るものに印象づける。